2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2013.02.04 (Mon)

7.うなぎのピリ辛いための献立

7.うなぎのピリ辛いための献立


□□□ 食育レシピ 7 □□□

2009_07_bnr.jpg













2009食育カレンダー/監修:足立己幸(女子栄養大学名誉教授)/料理(高知大学教育学部教授)/より






食育ヒント 旬の食材、地域の産物の恵みに感謝!
旬の食材や地域の産物を活用しながら、この季節ならではのバランス食事を楽しみましょう。
鮮度がよく、生まれ育ちがわかる食材なら安心感も高まります。





PR





※材料は2人分(表示のあるものは除く)
※エネルギー量、塩分、SV(サービング)は1人分
※1カップ=200ml、大さじ=15ml、小さじ=5ml

■■■うなぎのピリ辛いための献立650kcal■■■塩分4.4g■■■

◆ごはん(1人分)180g
(300kcal、SV:主食2つ、この料理の食料自給率100%)

秋田の米『e-ライスあきた』の"あきたこまち"はこちら

◆うなぎのピリ辛いため
(190kcal、SV:主菜2つ、この料理の食料自給率51%)

●材料/うなぎのかば焼き(市販)1尾、茎にんに<50g、赤とうがらし1/2本、
サラダ油小さじ1、しょうゆ大さじ1/2、酒大さじ1

(1)うなぎのかば焼きは縦半分に切ってから2cm幅に切る。茎にんにくは4cm長さに切る。
赤とうがらしは種を除いて小口切りにする。

(2)フライパンにサラダ油を熱して赤とうがらし、茎にんにくの順に入れていためる。
なべ肌からしようゆを加えて混ぜる。

(3)(2)にうなぎを加えていため、うなぎが温まったら酒を加えてざっと混ぜる。


◆きゆうりの酢のもの
(30kcal、SV:副菜1つ、この料理の食料自給率70%)

●材料/きゅうり大1本、塩・しょうが各少々、みょうが1個
合わせ酢(酢大さじ1+1/2、砂糖・みりん・薄口しょうゆ各小さじ1)

(1)きゅうり太さの2/3くらいまで斜めに細かい切り目を入れ、裏返して同様に切り(じゃばら切り)、
1.5cm幅に切って塩をふる。しようがはせん切りにする。

(2)みようがは縦半分に切ってさっとゆで、合わせ酢に漬ける。
水気を固くしぼったきゅうり、しょうがを加えてあえる。


◆かぽちやの甘煮ごま風味
(100kca1、SV:副菜1つ、この料理の食料自給率54%)

●材料/かぼちゃ150g、しょうゆ・砂糖各大さじ1、白いりごま少量

(1)かぼちゃは皮とわた、種をとり、一口大に切る。

(2)耐熱容器に(1)を入れてしようゆと砂糖をかけ、ラップをふんわりかけて600Wの電子レンジで5分加熱する。

(3)ラッフをはずして上下を返し、味をなじませてから器に盛り、白いりごまをふる。


◆そうめん汁
(30kcal、この料理の食料自給率41%)

●材料/そうめん1/8束、オクラ1本、塩・にんじん各少々、薄焼き卵1/2個分、だし2カップ
薄口しょうゆ小さじ1+1/2

(1)そうめんは束ねて端を糸でしばり、熱湯でゆでる。オクラは塩(分量外)でもんで小口切りにし、
さっとゆでる。にんじんと薄焼き卵はたんざく切りにし、にんじんはゆでる。

(2)なべにだしを入れて温め、塩としようゆで調味する。

(3)そうめんのしばった部分を切り、器に流水形に盛り、残りの(1)を散らして(2)をはる。

2009_07a2.jpg












■■■ 献立をお弁当にアレンジ ■■■ 620kcal、塩分3.2g ■■■

◆ごはん
秋田の米『e-ライスあきた』の"あきたこまち"はこちら
◆うなぎのピリ辛いため
◆きゅうりの酢のもの
◆かぽちやの甘煮ごま風味
→以上、献立レシピ参照






■■■応■用■料■理■■■

◆うなぎとトマトのいためもの
(210kcal、SV:副菜1つ+主菜2つ、この料理の食料自給率51%)

●材料/うなぎのかば焼き(市販)1尾、玉ねぎ1/4個、ミニトマト10個、オリーブ油小さじ1、
かば焼きのたれ大さじ1、水大さじ2

(2)うなぎのかば焼きは3cm角に切り、玉ねぎは横半分のくし形に切る。
ミニトマトはへたを除いて4つ割りにする。

(3)フライパンにオリーブ油を熱して玉ねぎとミニトマトをいため、かば焼きのたれと水を加え
て弱火で煮てうなぎを加え、さっと煮る。


◆レンジ揚げなす
(90k?1、SV:副菜1つ、この料理の食料自給率32%)

●材料/なす3個、水・サラダ油各大さじ2、青じそ2枚、みょうが1/2個、しょうが適量、
合わせ酢(酢・しょうゆ各小さじ2、みりん小さじ1)

(1)なすはへたを切り落として皮をしま状にむき、斜め5等分に切る。

(2)耐熱容器になすを並べ、水とサラダ油を合わせて回しかける。
ラップをふんわりかけて電子レンジに入れ、途中上下を返して600Wで5分加熱する。

(3)青じそとみょうがはせん切りにして水にさらし、水気をきる。しょうがはおろす。

(4)なすの水気を軽くしぼって器に盛り、合わせ酢をかけて(3)をのせる。

2009_07a3.jpg












★各料理に示した食料自給率(カロリーべース)は、
「料理自給率計算ソフトクッキング自給率・平成17年度データ(著作・監修:農林水産省)」
に基づいて算出。
これに掲載されていない食品については、きわめて近い食品または一般的に代替可能な
食材料として用いられている食品で代用した。
(さとう米穀食育カレンダーより)
秋田の米『e-ライスあきた』の"あきたこまち"はこちら



次のレシピを見る >>> >>> 8.コーンの肉だんご蒸しの献立


1つ前のレシピに戻る >>> 6.ささ身の照り焼きレモン風味の献立


>>> 食育レシピ・メニューへ



あきたこまちをおいしく炊き上げる、おすす「象印」炊飯ジャーはこちら

PR









スポンサーサイト

テーマ : 簡単レシピ - ジャンル : グルメ

10:03  |  食育レシピ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。